不妊治療→妊娠の記録

1981年生まれ。2年にわたる不妊治療の末

不妊治療 その13 体外授精へ

3回の人工授精は失敗

2016年8月から10月。3カ月連続で人工授精にを試みましたが残念ながら結果は出ませんでした。3回目の人工授精を行う前には、今回ダメだったら次回から体外に進むことを検討してみて欲しい旨を医師から通達されていました。

年齢のこともあるので、わたしはこの段階でのステップアップはごく自然な流れだと思っていましたが、夫に相談したところ少し抵抗されました。これまでの治療や流産手術でわたしにかなり身体的・時間的に負担がかかっているのを見ている彼は、さらにこれ以上の負荷をかけてまで子どもを持つべきなのかは疑問というのが理由でした。 わたしの身体のことをそこまで心配してくれていたと知ってじわっときたのですが、でも、いまのわたしたちには子どもがいる人生が必要だと強く思っていることを伝えました。

仕事ではやりたいことがそこそこできる環境をここまで徐々に整えてきて、さらにアクセルを踏めばもっと充実することはわかっています。夫と2人の生活も、特に大きなイベントがなくても日々楽しく穏やかに過ごせることが、わたしには大きな心のよりどころです。 仕事に打ち込みながら、このまま2人で支え合って暮らしていく人生も十分に幸せだと思います。でもその一方で、いまの生活の延長線からは予想できないような体験をして、人間として成長してみたい思いが強くありました。 夫にはこのような感情を打ち明けて、覚悟を決めてチャレンジしたいと訴えました。

経済的にもこれまでの治療とはケタが変わるので、可能性があるならいつまでもやるのではなく、どこかで終わらせるタイミングは決めるーーこれを条件に夫も納得して協力してくれることになりました。

採卵の準備: カウフマン療法

最後の人工授精周期が失敗に終わった11月初旬から、採卵に備えてピルを服用し卵巣を休ませるカウフマン療法が始まりました。 前半の14日間はプレマリンを1日2回服用、後半14日間でプラノバールを1日1回服用し、内服終了後に生理が来たら3日間以内に来院するよう指導をうけました。

口頭で説明されたスケジュールでは、11月にカウフマン療法をして12月に採卵、年明け1月はまたカウフマンで、移植にこぎ着けられるのは2月上旬になるでしょうとのこと。

正直、ここまで長期間かかるものとは知りませんでした。 もし採卵ができなかったら、あるいは採卵できたのがひとつだけで、それがうまくいかなかったら、また最初から同じプロセスを踏まなくてはいけません。一年間あったとしてもチャンスは本当に限られていることを痛感。年齢的に猶予がない場合、一刻も早く体外にステップアップするように医師が勧める理由もここにあるのだと理解しました。

今後のことに思いを巡らすとかなり焦りを感じましたが、このタイミングでステップアップを決断できたのはむしろ早かったのだと前向きにとらえ、採卵に向け薬の内服を忘れずに体調をゆっくり整えていくことにしました。

不妊治療 その12 人工授精にステップアップ

2016年3月に子宮内容除去術を受けたあと、ふたたび不妊治療専門クリニックに舞い戻ったのが7月。そこから初めての人工授精にチャレンジできたのは翌8月になりました。

 

D14の朝、排卵日検査薬を試すとごく薄い陽性。とはいえわたしの周期的には排卵日がもう間近であると思われたため、クリニックで卵胞チェックしてもらってから出勤することにしました。

 

わたしの職場は定時が10:00のため、クリニックのオープン前から並んで早めに診てもらえば、幸いにして大幅には遅刻せずにしれっと席につけることが多かったです。排卵日検査薬を使うようにしていたので、卵胞チェックのための通院日が決まるのは前日夜か当日朝になります。だいたいいつも当日の朝上司にメールで「通院のため」あるいは「私用のため」遅刻をする旨を伝えてからクリニックに向かうことにしていましたが、とくに問題はなかったと思っています。

ちなみにわたしは不妊治療をしていることは上司やチームメンバー(全員男性)にはまったく伝えませんでした。唯一、HR部門にいる仲の良い女性の先輩だけには打ち明けていて、どうしても治療のことを説明しないと業務上問題が出そうになった際には彼女に職場への伝え方を相談してからにしようと思っていました。

 

 この日は右の卵巣に15mmの卵胞がありましたが、まだ大きさが足りていないため、翌々日に再度チェック、問題なければさらにその翌日に人工授精というスケジュールを提示されました。

この次の通院時でも結局卵胞は十分な大きさに育っておらず、当初人工授精をする予定だった日に再度卵胞チェックすることに。その日の朝の排卵日検査薬は強陽性。卵胞も18mmまで成長しており、ようやく翌日に人工授精できることになりました。

その日の午後のこと。下腹部に排卵痛と思われる痛みを感じ、今日のうちに排卵してしまうのではないかという嫌な予感を覚えました。

 

そして人工授精当日朝(D18)。祈るような気持ちで計った基礎体温は前日までと明らかに違う高温期ゾーンを示していました。この時点で排卵済みを確信し、今回への期待値は一気に下がりました。

クリニック到着後は自宅で採取した精子を提出し、清浄処理に約1時間。準備が整い内診室に呼ばれたのは11:30頃のこと。エコーでチェックすると、案の定右の卵巣に卵胞はなく排卵済みを確信。排卵直後なら人工授精を実施する方針のクリニックなので、そのまま処置をしてもらいました。

その後、着床を助けるためのゴナトロピン(5000単位)を注射してもらい、ルトラール12日分(朝夕服用)の処方箋を受け取ってこの日は終了。注射については3、4日後にもう一度打つので都合の良い時に来院するよう指示がありました。

 

人工授精後約1週間は特に体調の変化もなく、ルトラールのおかげかほぼ安定した体温で推移。その翌週、人工授精11日後(D28)の夜にピンクのおりもの、その翌々日のD31には茶色のおりものがあり、「着床出血かも」とにわかに期待を高めましたが、結局D33で生理が来てしまいました。

 

人工授精はこれを含め合計3回チャレンジすることになったのですが、ほぼこの初回と同じようなパターンをたどることになりました。3回とも、「人工授精前日の卵胞チェックで翌日の実施決定→当日排卵済み→着床せず生理が来る」という負けシナリオをきれいに踏襲。

以前にも書いたのですが、わたしの場合卵胞が20mmに届かないうちに排卵してしまうようで、人工授精GOがでる大きさになったら翌日まで持たないため、「精子が待ち受けた状態で排卵」という理想的な状態を作れなかったように思います。

そして、3回目の周期には、もしこれでNGなら次は体外受精を検討してくださいと言い渡されることになります。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

 

 

不妊治療 その11 手術後の経過

2016年3月上旬。手術を受けた週末、経過を見るために大学病院を受診しました。

 

手術前に13000を超えていたhCGの値は698まで低下。子宮内も綺麗になっており経過は順調。手術直後に医師からコメントがあったように、胞状奇胎の可能性は低いのではないか、とのことでしたが、予定されていた管理通院は20週間後まで続けることになりました。

 

手術後1カ月ほどは肉体的にも精神的にも低調な日々が続きました。湯舟の入浴と運動を1カ月間禁じられていたため、この二つを普段のささやかな楽しみとしてきたわたしにとっては日々のストレスが少しずつ鬱積する原因にもなったように思います。仕事の上では新年度のスタートの時期を迎え、いつもならば好奇心をもって飛び込んでいける業務や人間関係の変化も、疲労とストレスを増やすだけの余計なイベントとしか思えませんでした。 ゴールデンウィークになればゆっくり心と身体を休められる、その期待だけを頼りに重たい身体を引きずりながら日々をやり過ごしていたのがこの期間だったように思います。

 

手術後初の生理はおよそ1カ月後。いつものような経血の塊はまったくなく、サラサラとしており量もかなり多かったです。その後、基礎体温も生理周期もほぼ手術前の状態に戻り、 不妊治療の再開は手術後3カ月後の6月に許可がおりました。当月はタイミングで様子を見て、翌月からは手術前に予定していた人工授精にステップアップすることを決めました。

 

手術前に胞状奇胎と通告された際には、もしかしたら半年、1年、さらにそれ以上の期間不妊治療がストップする可能性もあると知って大きなショックを受けていたため、想定よりも早く再開ができたことにはひとまず安堵しました。とはいえ不妊治療をしている身では1カ月もムダにはできないと思うもの。歳をひとつ重ねたこともあり、内心焦る気持ちは強くなっていました。

一方で、結局胞状奇胎ではなかったものの、流産の症状としてみてみると素人目にはあまり一般的とは思えないわたしの症例。病理検査でもとくに所見はなかったものの、同じようなことがまた繰り返される可能性があるのではないか、自分は実はまともに妊娠できない身体なのではないかという不安も心のなかに生まれていました。

 

でも、とにかく前に進むしかない。次のことはそのときになってみないとわからない。そう考えて不妊治療専門クリニックに出戻り、卵胞の大きさをチェックする日々がまた始まりました。

7月から人工授精をと意気込んでいましたが、排卵日と思しき日が連休に重なってしまいタイミングに切り替え。待ち望んだ初回の人工授精は8月のお盆休み明けになりました。ここから3カ月、人工授精にチャレンジすることになります。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

不妊治療 その10 手術当日(子宮内容除去術)

2016年3月初旬の月曜日。冷たい雨の降る中、日帰り手術のため朝から大学病院に向かいました。この日は仕事で関わっているプロジェクトのわりと重要なイベントが控えていたのですが、前日の日曜日、引き継ぎ内容とお詫びの言葉を連ねたメールを一緒に取り組んできた先輩に送り、体調不良で欠勤する旨を伝えていました。

 

手術前の処置

病院一階で入院の手続きを済ませ、夫と一緒に入院病棟へ。6人部屋に通されました。

まずは子宮口を開くためのラミナリアを入れる処置を受けることに。卵管造影検査を受けた時のバルーンでも相当な痛みを感じたので今回も覚悟はしていました。実際、ラミナリアが何本も入って行くたびに痛みが広がり、処置が終わったあとは痛みと吐き気で立ち上がれなくなってしまいました。看護師さんに助けられながら車椅子でベッドまで移動。ラミナリアが水分を含んで膨らむのをベッドで待ちます。

しばらくは下腹部痛ににぶい痛みが続いており、ひたすら目を閉じて耐えていましたが、1時間ほど経つと痛みは薄れ、スマホをいじったり夫と喋ったりして時間を潰せるまでになりました。

 

麻酔が効かない?

お昼過ぎ頃、いよいよ手術に入ります。手術着に着替え、看護師さんに伴われて手術室へ。まずは点滴の管を取ったり酸素マスクをセットしたり。続いて麻酔が入り、意識が遠のいたと思った瞬間、痛みが下腹部に走りました。思わず「痛い痛い!」と遠のく意識の中何度も叫びます。そのうちに痛みがなくなり、目を覚ました時に手術は終わっていました。

どうやら麻酔との相性が悪く効きがあまりよくなかったようで、途中で種類を切り替えたとのこと。ストレッチャーで病室に運ばれ、またしばらくうとうととしました。

 

夕方近くになり、最後に子宮の状態を確認します。このときに執刀医から、わたしの子宮からは胞状奇胎に特徴的な形の絨毛は取れなかったが、いずれにせよ内容物は病理検査にまわすので、その結果をみて判断したいとのコメントがありました。

 

退院後の身体と心

点滴のおかげか、朝から飲まず食わずで全身麻酔の手術を乗り切っても、身体はなんとか言うことをきいてくれます。ポカリをちびちび飲みながら着替えて退院準備をし、タクシーに乗り込む時には朝降っていた雨は止んでいました。

 

帰宅後はやはり体力が尽きてしまったようで全身がだるく熱っぽく、空腹を感じているような気がしたもののほとんど食べられずにすぐにベッドに横になりました。下腹部は痛いということはないのですが、何か違和感があり力が入らない状態がここから1週間くらい続きました。

 

手術の翌日も平日。夫からはもう1日休むように言われていましたが、迷った末に遅刻して出勤してしまいました。休んだとしてさしたる問題はないのに、本当にどうかしていると思います。変なプライドが邪魔して、周りの人に頼ったり自分の弱いところ人に見せたりするのが絶望的に不得意な性格が30過ぎても直りません。

 

そんなわたしなので、「流産の手術」を受けたことは最終的に職場の誰にも伝えられませんでした。仕事上関わりが密接な上司や同僚には「婦人科系の病気を患って治療のため1日欠勤した。今後半年ほどは定期通院がある」という旨は伝えましたが(胞状奇胎の説明として間違いではないはず、と思っていた)、それが妊娠がらみであることは伏せていました。

 

周りに打ち明けないと決めたのは自分のくせに、一方で「このつらさは誰もわかってくれないんだ」などと悲劇のヒロイン気取りでひとり鬱々としたりしており、今思えばこじらせもいいところです。

 

ただ、傷ついているという事実だけは確かだったと思います。でも、それが事実だからこそずっと向き合えなかった。この手術を境に、これまでと生き方のスタンスが少し変わってしまったのかもしれないと自覚できたのも最近のことです。このことはまた改めて書いてみたいと思います。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

不妊治療 その9 子宮内容除去術へ

大学病院を受診

2016年3月初旬の土曜日。前日に不妊治療専門クリニックで紹介状を発行してもらい、朝から夫に付き添われ大学病院の産科を受診しました。

 

土曜日の大学病院らしく、予約は入っていたもののかなり待たされました。hCGの値を調べるための血液検査、絨毛が他の臓器に転移していないかをみるレントゲン撮影を済ませた後、診察室へ。担当医の他に前日クリニックで紹介状を書いてくれた医師の姿もあり少し安心します。

内診室はいつものクリニックとは違い、患者側にモニターはありません。ただ、カーテンの向こうの2人の医師の会話から、結果は昨日と変わらないものであることはすぐにわかりました。子宮内には胎嚢のかわりに増殖した絨毛と思われる影が見えており、医師たちはそのエコー写真を何枚かおさえている様子。いまのいままで抱いてきたわずかな希望があっさりと打ち砕かれるのを、内診台の上でぼんやりと感じていました。

 

診察室に戻り、やはり胞状奇胎もしくは子宮外妊娠の可能性が高いため、速やかに子宮内容除去術(いわゆる掻爬手術)を受けてほしいと通告されました。さらに手術後は定期的に血中hCGの値を検査することで絨毛が残留していたり増殖・転移していないかを確認する必要があるとのこと。初期は2週に1回、その後は4週に1回通院し、20週後にhCGが0.1以下になったことが確認できるまで管理が続くと言われました。

 

胞状奇胎の概要と予後については昨日までにネットであらかた調べ、心の準備をしてきたつもりではいたものの、わたしの身体に起こっている事実と医療措置の内容をできるだけフラットに説明しようとしてくれている医師の専門家らしい気遣いに心が過剰に反応してしまい、診察室の中でこらえきれず泣いてしまいました。夫が静かにそばで支えてくれました。

 

手術は週明け早々の月曜に決定。朝に入院し、夕方には帰宅できる日帰り手術です。入院の説明を受けて一部手続きを済ませ、昼過ぎに病院を後にしました。

 

止まらない涙

帰宅してから、これまでは感じてこなかった下腹部痛と腰痛が発生。身体を立てていられないのでその後はずっとベッドで過ごしました。

横になっていると、自然に涙があふれてきます。いま思えば感情の整理ができないとはこういうことなのか、とも思えるのですが、いったい自分はなぜ泣いているのかまったくわからないけれど、涙が止まりません。

生まれてくるはずの命が失われた悲しみ?病を得た絶望?手術を目の前にした恐怖?皆がごく当たり前に通るステップもこなせない劣等感?夫への申し訳なさ?浮かれていた自分の愚かさに対する憤り?とにかくこれまでに経験したことのないような複雑な感情の波に揺さぶられながら、手術当日を迎えることになりました。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

不妊治療 その8 胞状奇胎の疑い

2016年3月初旬。高温期28日目に妊娠の確認のためついにクリニックを受診することにしました。この宙ぶらりんの状態にはやくカタをつけたい気持ちを押さえながら過ごす時間が本当に長く感じた2週間。この間体調の変化はほとんどありませんでした。

 

自己タイミングで陽性反応がでたことを看護師さんに伝えると、ホルモン値のチェックのための採血へ。その後内診室に案内されました。

内診台に上がり、息を飲んでモニターを見つめます。医師は器具を動かしてくまなく子宮内を確認してくれていますが、モニターの黒い画面に胎嚢らしきものは映り込んできません。タイミングをとった日を改めて尋ねられ、週数に誤りがないことを確認されます。

 

結局、胎嚢は子宮内に見当たらず、医師からは「着替えたら隣でお話ししましょう」と。事態をよく飲みこめていないままあたふたと隣の診察室にはいると、机上にエコー写真が一枚置かれていました。

「もう6週に入るころで血液中のhCGも10,000以上あるのに赤ちゃんの袋が見えないのはおかしいです。この写真を見てください。ここに白っぽいもやもやがあるでしょう?」

医師が指差したあたりには若干ではありますが薄く星雲のような影が写っています。

「胞状奇胎って聞いたことありますか?異常妊娠のひとつで、絨毛が異常繁殖してしまい妊娠の継続が難しい病気です。今日見る限り、胞状奇胎の疑いが強いです。すぐに大きな病院で診てもらったほうがいいです」

あまりにも急な話でとりあえず考える時間が欲しかったものの、医師と看護師のただならぬ様子から事態の深刻さを察知し、言われるがまま医師の本勤務先である大学病院への紹介状を書いてもらい、翌日の土曜日午前に受診することになりました。

 

診察を終えて仕事に向かう途中、胞状奇胎についてひたすら検索。ほぼ間違いなく掻爬手術になること、絨毛が内膜の奥の子宮壁に入り込んでしまった場合、抗がん剤による治療が必要になること、さらに他の臓器に転移して絨毛がんになる可能性もあることーー。先ほど医師から説明をうけたのと同じ内容です。

正常に妊娠できない可能性もありうることは頭ではわかっていましたが、あまりの衝撃の大きさに、自分が当事者になることにまったく覚悟はできていなかったのだと痛感しました。

 

その日は上の空のままなんとか仕事をこなしましたが、帰宅して夫の顔を見たとたん、涙が止まらなくなってしまいました。

医師から告げられたことを泣きながら説明して、翌日の通院に付き添ってもらうことに。ただ、まだこの時点では、これは何かの間違いで、明日大学病院であっさりと胎嚢が見えて「いやー、よかったよかった」となったりするのでは、という甘い期待も捨てられていませんでした。

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

不妊治療 その7 自己タイミングで陽性反応

排卵日検査薬を使い自己タイミング

初めて不妊治療専門クリニックの門を叩いてからおよそ9カ月後となる2016年1月下旬。3回程度(正確に覚えていなくてすみません)のタイミング指導では成果が得られず、いよいよ人工授精にステップアップしようと決意して、最後にダメもとで自己タイミングを行いました。

 

排卵日検査薬で薄い陽性反応が出た日から1日おきと決め、陰性になるまで計3回タイミングをとりました。 

3回目のタイミングの日の夜には排卵痛と思われる痛みがありました。翌日朝の基礎体温は低いまま、翌々日は理由があり基礎体温を計れなかったのですが、その次の朝にはしっかりと体温が上がっているのか確認できました。いつもダラダラと高温期に移行するわたしにしてはとても珍しいことです。

以降、高温期に入ってからの体温は終始安定していました。これまでのグラフはガタガタだったので、こちらも珍しいなと思っていましたが、気持ちは完全に人工授精に向かっていましたので、特に何の期待もなく普段と変わらない生活を送りました。

高温期13日目から16日目(フライング)

 高温期(に入ったと思しき日から)13日目、職場の飲み会に出席。たくさん飲んだわけではないのに、すごくアルコールが回った気がして異常に喉がかわきます。帰宅後、ポカリスエットの粉末を冷蔵庫の奥から引っ張り出してきてお湯で割り、大きなマグで2杯がぶ飲みしました。

翌日の高温期14日目、定期通院している皮膚科で診察前に検温したところ(内科を併設しておりインフルエンザが蔓延していたため検温が必須でした)、37.1℃。風邪の症状はないのにいやに体温高いな、腰にカイロ貼っているせいかな、そろそろ生理だけどどうなっている?くらいしか思わず。

高温期15日目は土曜日。茶色のおりものが出て、眠気と寒気がひどく、生理の到来を確信しましたが、朝の体温は下がっていませんでした。

高温期16日目の日曜日早朝3:00、寝汗で目が覚めます。二度寝のあと体温を計るとまだ高温期のまま。わたしの場合、高温期は短いと10日、長くても14日で体温が下がり生理がくるサイクルだったため、明らかにおかしいと感じました。ベッドから出てトイレで出血の有無を確認。昨日出ていた茶おりは止まり、ペーパーには何もついてきません。

意を決して、これまで何度もフライングをしては裏切られてきた妊娠検査薬を試してみました。

尿をかけて数分後。コントロールラインよりは薄いものの、陽性反応のラインが確かに出現。にわかに信じられず、震える手で検査薬を持ったまましばらく茫然。起きてきた夫に陽性反応が出たことを告げ、(そんなことをしても何の効能もないのに)とりあえずその日の外出予定はとりやめることにしてベッドにまた潜り込みました。体温が高い以外の体調変化としては、なんとなく口の中の味がおかしくなりました。

 

高温期17日目以降

陽性反応が出た翌日からは基礎体温をひたすら気にしつつ、妊娠検査薬(クリアブルー)を追加で入手して数日おきに試す日々。体温は安定し、検査薬も次第にコントロールラインよりも濃い色を見せるようになりました。ただ、口の中の気持ち悪さはその後1週間程度続いたあと、だんだん気にならなくなっていきました。

 

妊娠確定の通院はいつするべきか。これについては調べては悩み、迷いました。あまり早くに通院しても胎嚢が確認できず二度手間になる。でも、正常に妊娠できているかは1日も早く知りたい。この間で日々揺れていました。

この頃までには流産や子宮外妊娠のリスクについても知識を得ていたので、夫には「まだ何があるかわからないんだから」と妊娠の話題を持ち出さないようにと強く牽制していました。といいつつも妊娠に関する甘い妄想は頭の中で勝手に膨らみます。はっと気づいて今度は初期流産の可能性についてスマホで検索しまくり自らを追い込んだりと精神的には結構不安定だったと思います。

 

考えに考え、この日ならほぼ胎嚢は見えるだろうと思われる高温期28日目(妊娠週間換算で6w0d)に緊張しながらクリニックを訪ねました。ここで事態はまさかの急展開を見せるのですが、それは次回にまわします。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村